むし歯の原因と進行

むし歯の原因には「細菌(ミュータンス菌)」「糖質」「歯の質」の3つの要素があります。この3つの要素が重なった時、時間の経過とともにむし歯が発生します。

むし歯の原因

むし歯の原因

むし歯の原因と進行

むし歯になる3つの原因

  1. 原因1細菌(ミュータンス菌)
    ミュータンス菌は約1μm(1/1000mm)の球状の菌です。歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、スカスカにしてしまいます。
    細菌(ミュータンス菌) ミュータンス菌
  2. 原因2糖質
    食べ物に含まれている糖質(特に砂糖)は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。間食が多い人や、キャンディーやドリンクなど甘いものをよく摂る習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、むし歯になりやすくなります。
  3. 原因3歯の質

    歯が作られる時の環境の違いなどで個人差がありますが、エナメル質や象牙質の状況(=歯の質)によって、むし歯になりやすい人もいます。特に乳歯や永久歯が生えたばかりの子どもは注意が必要です。

    丈夫な歯を育てるためには、歯の土台を作る良質なタンパク質、歯の再石灰化のために必要なカルシウムやリン、また、これらがうまく働くためのビタミン(A、C、D)などの栄養素が必要です。バランスの良い食事を心がけましょう。

むし歯の進行

むし歯の進行状態についてご紹介します。

初期むし歯(セルフケアで修復できる)

●初期むし歯(CO)
まだ歯に穴はあいていないが、表面が溶かされてツヤがなくなり、白く濁って見えたり薄い茶色になったりします。
【症状】
痛みなどの自覚症状はない。
※この初期むし歯の状態であれば、「再石灰化」によって健康な歯に戻すことができます。再石灰化を促進するフッ素配合ハミガキ剤で健康な歯を保ちましょう。
※本ページでは、フッ化物、フッ素化合物を「フッ素」と表現しています。
CO(シー・オー:初期むし歯):むし歯になる一歩手前の状態

むし歯(治療が必要となる)

  1. ●エナメル質のむし歯(C1)
    歯の表面(エナメル質)の限られた狭い範囲に穴ができている状態。
    【症状】
    痛みやしみる感じはない。
    C1(エナメル質のむし歯)
  2. ●象牙質まで進んだむし歯(C2)
    むし歯が歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態。
    【症状】
    冷たい飲食物で痛みを感じる。
    C2(象牙質まで進んだむし歯)
  3. ●神経まで進んだむし歯(C3)
    むし歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態。
    表面の穴は必ずしも大きくなく、内部で広がっていることがある。
    【症状】
    激しい痛みがある。
    C3(歯髄まで進んだむし歯)
  4. ●歯根だけ残ったむし歯(C4)
    歯冠部(歯ぐき〈歯肉〉から上の見える部分)がほとんど崩壊し、歯根だけ残った状態。
    【症状】
    神経(歯髄)が死んでしまい、痛みを感じなくなる。
    神経(歯髄)が露出し、細菌に感染すると、根の先に膿が溜まったり、痛みが起こったりすることがある。放置すると全身の健康を害する病巣となるが、この状態になると治療は困難になり、通常は歯を抜くことになる。
    C4(歯根だけ残ったむし歯)

「予防歯科」のポイントに合わせて、セルフケアをはじめよう

PAGE TOP