ハミガキ剤の役割

ハミガキ剤には歯垢(プラーク)の除去だけでなく、様々な効果があります。フッ素で再石灰化を促す効果やステイン(着色汚れ)を落とす効果など、自分の目的にあった効果を持つハミガキ剤を選びましょう。

※本ページでは、フッ化物、フッ素化合物を「フッ素」と表現しています。

ハミガキ剤の働き

ハミガキ剤の効果

効果1 効率よく歯垢(プラーク)を除去する
ハミガキ剤の基本機能は歯垢(プラーク)の除去です。
効果2 歯垢(プラーク)をつきにくくする
ハミガキ剤を使用して歯磨きした時の方が、24時間後の歯垢(プラーク)の付着量が使用していない時の1/3以下になります。
効果3 口臭を除去・防止する
ハミガキ剤を使用し、口の中全体を清潔にすることによって、効果的に口臭の除去・防止ができます。

歯垢(プラーク)の付着量とハミガキ
歯垢(プラーク)の付着量とハミガキ

出典:Davis, W.Bの報告より
※ライオン調べ

効果4 歯の再石灰化を促す
ハミガキ剤に配合されているフッ素の働きにより、歯から溶けだしたカルシウムやリンの再石灰化が促進されます。 フッ素を長く歯に留めることで、この効果がより促進されます。そのため、フッ素が長く留まりやすいハミガキ剤を使いましょう。
効果5 ステイン(着色汚れ)を除去する
食べ物、飲み物の中に含まれる色素やタバコのヤニなどによるステイン(着色汚れ)を取り除き、本来の歯の色を保ちます。
ステイン除去に効果的なハミガキ剤の使用をお奨めします。

ハミガキ剤の使用の有無による歯垢(プラーク)除去の違い

【実験方法】
「ハミガキ剤使用群」と「ハミガキ剤不使用群」に分けて、10回、20回、30回の各歯磨き回数における歯垢(プラーク)除去率を調べました。
【結果】
どの回数でもハミガキ剤を使用した方が歯垢(プラーク)除去率が圧倒的に高いということがわかりました。より効率よく歯垢(プラーク)を除去するためにも、ハミガキ剤を使いましょう。

ハミガキ剤の使用有無による歯垢(プラーク)付着量の違い ハミガキ剤の使用の有無による歯垢(プラーク)除去の違い

※ライオン歯科衛生研究所 小児歯科学会報告

「予防歯科」のポイントに合わせて、セルフケアをはじめよう

PAGE TOP