フッ素ケアであなたの予防歯科を一歩前へ

フッ素ケアであなたの予防歯科を一歩前へ

初期虫歯※1なら修復できる!

初期虫歯なら修復できる!
初期虫歯なら修復できる!

初期虫歯であれば、再石灰化によって修復することができます。※2

初期虫歯であれば、
再石灰化によって修復することができます。※2

フッ素※3は「初期虫歯」を健康な状態に戻すチカラを高めて、ムシ歯を防ぎます。
丁寧に歯垢を落とすことに加えて、その再石灰化を促進する「フッ素ケア」がとても大切です。

  • ※1 歯に穴があく(ムシ歯)一歩手前の状態
  • ※2 だ液に溶け出したカルシウムやリンを歯の表面に戻す働き
  • ※3 本ページでは、フッ化物、フッ素化合物を「フッ素」と表現しています

フッ素ケアで実践する予防歯科

セルフケアのポイント

セルフケアのポイント

効果的なフッ素の使い方は「なるべく長く口内に残す」こと。フッ素を口内に残す工夫をしましょう。

  • POINT1ハミガキ剤を適量つける
  • POINT2じっくり3分(回数多く)みがく
  • POINT3すすぎは少量の水で1回程度に

歯科医師によるプロケア

歯科医師によるプロケア

歯科医院では高濃度のフッ素を歯に塗ってむし歯を予防する措置が受けられます。

フッ素の効果

フッ素には歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、再石灰化の促進、歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があり、予防に有効な成分として注目されています。フッ素を残すオーラルケア習慣を身に付けることが、むし歯予防の大切な一歩です。

知っていましたか?フッ素濃度についての正しい知識

子どもにもフッ素を使った方がよいですか?

お子さまにも定期的なフッ素ケアをしてあげてください。
フッ素は歯の再石灰化を促進し、ムシ歯を予防します。

フッ素濃度が1500ppm(高濃度)のハミガキは子どもに使えますか?

6才以上のお子さまにはお使いいただけます。
6才未満の小さなお子さまには従来の1000ppm以下のハミガキをお使いください。

フッ素の含有量が増えた市販品が発売されたのはなぜですか。

国際基準に合わせたフッ素含有量のハミガキの販売が認められるようになったからです。
「予防歯科」先進国のスウェーデンを始めとする諸外国では、ハミガキなどに配合するフッ素濃度は国際基準(ISO)を採用しており、上限濃度は1500ppmです。日本では2017年3月に、国際基準と同様にフッ素が1500ppmを上限として配合されたハミガキの販売が認められました。

クリニカのフッ素ケアシリーズ

  • 手軽におうちでフッ素ケア。
    まずはハミガキから変えてみませんか?
    クリニカアドバンテージ ハミガキ
    クリニカ
    アドバンテージ
    ハミガキ【NEW】
    高濃度フッ素配合(1450ppm)
    医薬部外品薬用ハミガキ

    ※6歳未満のお子様へのご使用はお控えください。

  • おやすみ前にプラスするフッ素ケアで
    歯を強くする
    クリニカアドバンテージ コートジェル
    クリニカ
    アドバンテージ
    コートジェル【NEW】
    高濃度フッ素配合(1450ppm)
    医薬部外品薬用ハミガキ
  • 「フッ素」+食品使用成分と
    同様の成分でムシ歯を予防
    クリニカKid's ジェルハミガキ
    クリニカ Kid'sクリニカKid's
    ジェルハミガキ
    歯科医推奨薬用ハミガキ
  • 「フッ素」+「酵素」で、
    ムシ歯に負けない強い歯へ
    クリニカKid's ハミガキ
    クリニカ Kid'sクリニカKid's
    ハミガキ
    医薬部外品薬用ハミガキ