妊娠中の歯のお悩み

治療&検査
Q親のムシ歯が多いと、子どももムシ歯になりやすいのでしょうか?

A生まれたばかりの赤ちゃんの口には、ムシ歯の原因菌である細菌(ミュータンス菌)はいません。ご両親などが使ったスプーンで赤ちゃんに食べさせたり、またキスしたりすることによって、ミュータンス菌が赤ちゃんにうつってしまいます。
ただ、親子のスキンシップはとても大切ですから、ご両親が口の中をいつもキレイにすることで、細菌(ミュータンス菌)が赤ちゃんにうつるのを最小限に抑えられます。まずは、妊娠したらご夫婦で歯科健診を受けることをお奨めします。妊娠初期は治療出来ない場合もありますが、上手な歯磨きの方法などの適切なアドバイスがもらえます。いつも清潔にしていれば、細菌(ミュータンス菌)が極端に増えることはありません。

答えを見る

食事
Q赤ちゃんの乳歯はお母さんのお腹の中で作られると聞きました。
丈夫な歯を作る食事ってありますか?

A赤ちゃんの歯の元となる歯胚(しはい)は、妊娠初期から作られます。その歯胚が石灰化されて、固く丈夫になるのが妊娠4ヵ月目頃から。永久歯の歯胚の一部もこの時期に作り始められます。歯の基質を作るために必要なのは、良質のタンパク質。乳製品や豆腐、卵、魚などに多く含まれます。ですが、タンパク質だけでは丈夫な歯はできません。歯の石灰化にはカルシウムやリンが必要であり、エナメル質にはビタミンA、象牙質にはビタミンCが必要です。
また、カルシウムの代謝や石灰化を調整する役割を担うビタミンDも大切。ですから、これさえ摂っていれば丈夫な歯になるという栄養素があるわけではなく、様々な食品をバランスよく食べることが望ましいと言えます。

答えを見る

食事
Qおなかがすくと気持ち悪くなるので、なんとなくいつも口の中に食べものを入れています。その上、歯磨きはつらいんですが、どうすればムシ歯が予防できますか?

A妊娠中は唾液の量が減る傾向にあり、自浄作用があまり期待できません。ですから、ムシ歯になりやすい甘いお菓子を食べ続けることは歯のためにはあまり好ましくありません。歯磨きが出来ないときは、なおさらムシ歯になりやすいおやつは避けた方がいいですね。空腹がつらいなら、小さなおにぎりやくだものなどを常備しておいてはいかがでしょうか。歯磨きは、食後に限らず気分のよいときにもするといいでしょう。

答えを見る

歯みがき・ケア
Q子どもを産むと歯が悪くなると聞いたんですが本当ですか?
予防はできますか?

A産前産後は、お口の中の環境が変化したり、きちんとケアできなくなるため、トラブルリスクが高い時期と言われているからです。
妊娠すると、口の中を正常に保つ唾液の分泌が低下してしまいますが、つわりで歯磨きが辛いと感じる時期や一度に食べられず間食が増えてしまう時期もあるため、お口の中は汚れがたまりやすく、トラブルになりやすい状態が続いてしまいます。また、出産後は、2~3時間ごとの授乳で疲れがたまって歯磨きがおろそかになったり、おかしいと感じても歯科医院を訪れる時間がないため放置してしまいがちです。

ヘッドの小さいハブラシで、下を向いて舌に当たらない様にみがいたり、体調が良い時間を選んでリラックスして行うなど、工夫しながら歯磨きをする事が必要です。どうしても歯磨きができない時は、デンタルリンスや水でのブクブクうがいをしましょう。

答えを見る

歯みがき・ケア
Qデンタルリンスは妊婦が使ってもよいですか?

Aご使用いただけます。

答えを見る

食事
Qカルシウムをしっかり摂るように言われましたが、牛乳が好きではないので飲みたくありません。どうしたらよいですか?

A料理の中で取り入れる工夫をするといいですね。牛乳以外にもヨーグルトやチーズなどの加工品にもカルシウムは含まれていますし、小魚や小松菜、切り干し大根は、カルシウムを豊富に含んだ食品です。
また、豆腐や凍り豆腐、納豆などの大豆製品はカルシウムを多く含み、さらにタンパク質源としてもすぐれた食品です。
野菜やくだもの、魚、肉、穀物などをバランスよく食べて、カルシウムだけでなく必要な栄養素をしっかり摂るよう心がけましょう。

答えを見る

治療&検査
Qムシ歯が痛くて歯科医院へ行ったら、妊娠中なのにレントゲンを撮られてしまいました。先生は「1度や2度は問題ありません」と言うのですが大丈夫ですか?

A妊娠中のレントゲン撮影で気をつけた方がいいのは、妊娠3~15週頃。けれども、歯科医院で行われるレントゲン撮影では、お腹の赤ちゃんにエックス線が直接あたるわけではありませんし、鉛エプロンを着用することによって赤ちゃんは防護されます。レントゲン撮影をしなくては、適切な治療が進められない場合もありますから、妊娠中であることを伝えたうえで、歯科医の判断を仰ぐのがよいでしょう。

答えを見る

治療&検査
Qムシ歯になってしまいました。
妊娠中でも、歯科医院で治療して大丈夫ですか?

A妊娠中でも歯の治療は受けられます。しかし、初期はつわりがひどかったり、後期では仰向けで治療を受けるのが大変。ですから、安定期(妊娠5~7ヶ月)が歯科治療を受けるのには適していますね。
ただし、麻酔やX線撮影、処方される薬などを、胎児に悪い影響を与えることがありますから、妊娠中に歯の治療を受けるときは、かならず妊婦であることを歯科医院へ伝えてください。特に妊娠初期は注意が必要。まだ妊娠がわかっていなくても、妊娠の可能性がある場合には、その旨申し出ておくと安心ですね。

答えを見る

「予防歯科」のポイントに合わせて、セルフケアをはじめよう

  • 予防歯科のための
    トータルケアハミガキ

    クリニカアドバンテージ ハミガキ
    クリニカ
    アドバンテージ
    ハミガキ【NEW】
    高濃度フッ素配合(1450ppm)
    医薬部外品
    薬用ハミガキ
    フッ素
  • 奥歯のさらに奥まで届く
    「極薄ヘッド」

    クリニカアドバンテージ ハブラシ
    クリニカ
    アドバンテージ
    ハブラシ
    歯科医推奨設計
    歯垢
  • 歯科医推奨の歯間ケア
    奥歯の歯間にもラクに入る

    クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ
    クリニカ
    アドバンテージ
    デンタルフロス
    Y字タイプ
     
    歯垢
  • 歯科医推奨の歯間ケア。ふくらむフロスが歯間にピタッと密着

    クリニカアドバンテージ スポンジフロス
    クリニカ
    アドバンテージ
    スポンジフロス
     
    歯垢
  • 殺菌+抗菌コートで
    おやすみ前のムシ歯予防!

    クリニカアドバンテージ デンタルリンス
    クリニカ
    アドバンテージ
    デンタルリンス
    医薬部外品
    液体歯磨
    細菌

※6歳未満のお子様へのご使用はお控えください。