予防歯科から生まれた クリニカ

あなたにおすすめの 習慣は…

ムシ歯になりやすい歯の根元まで、フッ素が密着ガードするハミガキを使う!

ワンポイントアドバイス

Check!

予防歯科を歯の根元から

歯ぐき下がりによって、歯の根元にある「象牙質」が露出しているのかもしれません。

痛みのために、歯みがきがしづらくなっていたら要注意。症状が悪化する負のスパイラルに陥る可能性もあります。痛みを防ぎながら毎日のケアを続けてみましょう!

あなたのセルフケアにおすすめ

Recommend!

  • クリニカNEXT STAGE+知覚過敏ケア ハミガキ

    「予防歯科」の3つのポイント(フッ素を歯に残す、細菌を増やさない、歯垢を落とす)
    に加え、歯ぐきが下がって無防備になる歯の根元まで1本でトータルケアできるハミガキです。しみる痛みも防ぎます。

    ※6才未満のお子様へのご使用はお控えください。

    詳しく見る
    購入はこちら

    オンラインストア

    • amazon
    • LOHACO
  • プラスワンでこちらもおすすめ! クリニカNEXT STAGE ハブラシ

    歯ぐき下がりにつながる強すぎるブラッシングを防ぐために、力の入れすぎを“カチッ”と音でお知らせするハブラシです。

    詳しく見る
    購入はこちら

    オンラインストア

    • amazon
    • LOHACO

あなたの予防歯科セルフケアTIPS

知覚過敏になったらムシ歯にも注意!

歯ぐきが下がってしまうことで露出した歯の根元の象牙質は、知覚過敏だけでなくムシ歯にも注意が必要です。知覚過敏ケアの薬用成分である「硝酸カリウム」や「乳酸アルミニウム」+フッ素入りのハミガキを使って軽い力でみがきましょう。

この内容はためになりましたか?

もしよければ、今後のために
一言コメントをいただけないでしょうか?
「こんなことが知りたい」「こんなことしてほしい」
どんなことでもかまいません。

コメントする
#おうちで予防歯科 TOP