すべての謎に挑戦したあなたへ。
これでムシ歯リスクの拡大を
阻止できたのだろうか・・・?
あなたが首をかしげていると、
松丸がのぞき込んでいた。

「不思議そうな顔をしているね、
この手紙の正体のことかな?
実はね・・・」

そういうと、
松丸はポケットから「の怖さ」と
書かれた紙きれを取り出した。

「これが封筒の中に入ってたんだ。
何かの理由で、
これが破れ落ちたんだろうね。
本当はこの手紙は
「ムシ歯リスクの怖さ」を最初から
伝えるつもりだったんだよ!」

では、どうしてそれを伝えず、
ちょっと怖い文面のままに
したのだろう?

「だって、
その方がわくわくするでしょ?
楽しんでもらえたかな?」

そう笑いながら、
松丸は自分の仕事に戻っていった。

親愛なる松丸さまへ 我々の目的は、ムシ歯リスクの怖さをこの世に広めること 君に送った 謎が解けるかな?
応募する