TOP > 歯みがきお悩み相談室 > 歯の生え方

歯みがきお悩み相談室 歯の生え方

歯が
生える前
Q初めての歯が生えるのって、いつ頃なんでしょうか?

A 一般的には生後8ヵ月頃から乳歯は生え始めますが、赤ちゃんによって生える順番や時期には個人差があります。歯の生え始めが多少遅くても、全く心配ありません。あまりに遅くて心配でしたら、一度歯科医院に相談してください。 仕上げ磨きの仕方とコツ

答えを見る 答えを閉じる

歯の
生え
はじめ
Qまだ生後2ヵ月なのに、乳歯が顔を出しています。こんなに早いのは異常でしょうか?

A 順番や時期が異なる場合もありますが、赤ちゃんの乳歯は生後8ヵ月頃から生え始め、20本すべてが生え揃うのは3才頃と言われています。でもこれは成長の目安。早く生えてくる場合もありますし、1才のお誕生日近くまで最初の乳歯が生えてこないという赤ちゃんもいます。
ただし、早くに歯が生え始めたのなら、歯磨きも早めに開始することが必要です。 歯の役割と仕組み

答えを見る 答えを閉じる

歯の
生え
はじめ
Qお友だちの赤ちゃんはみんな下の歯から生えてきたのに、うちの子だけ上の歯が一番に生えました。順番が違ってもよいのでしょうか?

A 順番も時期もそれほど気にする必要はありません。赤ちゃんの歯が生える順番は、まず下の2本の前歯が生え、次に上の2本の前歯が顔を出すという場合が多いのですが、そうでなくても問題はありません。上の歯から生えたり、なかなか生えてこないと思ったら上下同時に顔を出したりと様々です。

答えを見る 答えを閉じる

歯の
生え
はじめ
Q下の歯が2本生えてきたんですが、すきっ歯なんです。一生すきっ歯のままなのでしょうか?

A 乳歯が生える途中や、乳歯から永久歯へと歯が生え替わる期間には、歯と歯の間にすきまがあるのは自然なことです。隣の歯が生えてくると、このすきまは狭くなっていきます。また4才頃には、体の成長とともにあごも成長するため、歯と歯の間にすきまが現れます。このすきまは、のちに生えてくる永久歯のためには大切なスペース。生え替わりの時期にすきまがまったく見られないと、永久歯の歯並びに影響する場合があります。すきまがあると歯間の歯磨きがしやすくていいですね。逆に、歯が生え詰まっていて歯間が磨きにくい場合は、デンタルフロスを使ってみてもいいでしょう。 ハブラシ・デンタルタフトの製品ラインアップ

答えを見る 答えを閉じる

3才 Q歯のなかで特にむし歯になりやすいところはどこですか?

A 乳歯の生え始めは前歯がむし歯になりやすいのですが、その後、成長するにしたがって危険なポイントが変わってきます。乳歯が生えそろってくるこの時期は、奥歯でしっかりと噛めるようになるころ。奥歯はミゾが深く複雑なので、かみ合わせに食べ物のカスがたまってむし歯になってしまいます。

さらに歯と歯の間にも注意しましょう。少しずつあごの骨が成長してくるため、歯と歯のすき間が広がり食べ物がはさまりやすくなっていきます。乳歯は、歯の表面をおおうエナメル質もその下にある象牙質も、永久歯に比べて薄くて柔らか。むし歯になると進行が早いので気をつけてください。 仕上げ磨きの仕方とコツ

答えを見る 答えを閉じる

クリニカKid's 製品ラインアップクリニカKid's 製品ラインアップ

HA!HA!HA!パークをホーム画面に追加して、 お子さまの歯のお悩みをすぐに解決!

TOP