TOP > 親子でやろう!予防歯科! > まずはやってみよう!3~5才篇 > 年齢別!仕上げみがきのポイント(3~5才)

年齢別! 仕上げみがきのポイント(3~5才) 年齢別!
仕上げみがきのポイント(3~5才)

年齢別! 仕上げみがきのポイント(3~5才)年齢別! 仕上げみがきのポイント(3~5才)

乳歯や永久歯、歯の成長に合わせて仕上げ磨きの仕方も変わります。
ハブラシの当て方、磨き方も動画で紹介します。

友達に教える
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

磨き方の基本 磨き方の基本

基本的な姿勢

子どもの頭がふらつかないよう、優しく支えてあげましょう。

  • 立たせ磨き(サイド) 立たせ磨き(サイド)
    立たせ磨き(サイド)
    大人はひざ立ちになり、お腹や脇で子どもの頭を支えます。
  • ねかせ磨き ねかせ磨き
    ねかせ磨き
    立たせ磨きが難しい場合は、寝かせて仕上げ磨きをしてあげましょう。

ハブラシの持ち方

ハブラシは、軽い力で磨ける「ペングリップ」(鉛筆の持ち方)で持ちましょう。

ハブラシの持ち方ハブラシの持ち方

歯の基本の磨き方

歯を磨くときの基本のポイントについて、イラストでまとめました。大切な歯を守るためにチェックし、普段から意識しておきたいですね。 ※1ヵ所につき20回以上磨きましょう。

  • 歯の基本の磨き方 毛先を歯面(歯と歯茎の境目、歯と歯の間)にきちんと当てる
  • 歯の基本の磨き方 150g~200gの軽い力(毛先が広がらない程度)で磨く
  • 歯の基本の磨き方 小きざみに動かす(5~10mmを目安に1~2歯ずつ磨く)

優先的に仕上げ磨きするところと磨き方 優先的に仕上げ磨きするところと
磨き方

上の前歯の磨き方

上の前歯を磨くときには、気をつけるべきポイントがあります。子どもの「上唇小帯」は厚みがあり、歯を磨くときにハブラシが当たってしまう場合があります。指を添えて、丁寧に磨いてあげましょう。

  • 上の前歯の磨き方 上の前歯の磨き方 上の前歯2本の間には「上唇小帯」という筋があります。
  • 上の前歯の磨き方 上の前歯の磨き方 ハブラシが当たると痛みがあったり、傷つけることもあります。指でガードしましょう。

奥歯の外側・内側の磨き方

奥歯の外側や内側も「基本の磨き方」で磨きます。写真のように、外側と内側にハブラシを当てましょう。

奥歯の外側・内側の磨き方奥歯の外側・内側の磨き方

前歯の裏側

前歯の裏側はハブラシを縦に当てて磨きます。

前歯の裏側前歯の裏側 (左・外側の磨き方/右・内側の磨き方)

デンタルフロスの使い方 デンタルフロスの使い方

人指し指で頬をよけ、清掃する部分をよく見えるようにします。特にむし歯になりやすい、奥歯の2本の間、上の前歯2本の間は優先的に行いましょう。

デンタルフロスの使い方デンタルフロスの使い方

※出典:ライオン Lideaーリディアー

まがる・おれない・安全ハンドル まがる・おれない・安全ハンドル

TOP